🌺令和で1番読まれてる記事🌺

【障害者雇用在宅勤務】現役在宅勤務中の人が暴露!在宅(自宅)で働くメリットデメリットを赤裸々に語ります

障害者雇用枠会社探し

  1. 正社員求人が多い
  2. 正社員登用有りの求人
  3. ハローワークにない求人
  4. 外資系企業の求人
正社員の求人数
障害者雇用バンク90%以上
ハローワーク10%未満

 

障害者雇用バンクで

今より高い給料の

外資系企業の障害者雇用枠に

就職・転職してみませんか?

PG
PG

障害者手帳をお持ちの関東・関西エリア在住向けのエージェントが障害者雇用バンクです。

障害者雇用バンクの登録

障害者雇用バンク(元エラビバ)の詳細

【令和3年9月最新】障害者雇用バンクに悪い評判・口コミはないってホント?

DIエージェントを見つけた背景、登録した理由

検索したら一番上に出たからです(広告表示)

DIエージェントは障害者雇用の在宅勤務の老舗でした。

やっぱり上位表示は大事ですね。
私も調べものは上から順番に見ていきますもん、たいてい。

ちなみに
【障害者雇用 在宅勤務】
とかで検索したと思います。

登録した理由は、
障害者雇用で在宅勤務を紹介してくれそうな紹介会社が
このDIエージェントくらいしか見つからなかったから、というのが正直な理由です。
本当は何社か登録したかったのですが…

今でこそ、
障害者雇用の紹介会社はこぞって【在宅勤務特集】とか広告うったりDMが届いたりしますが、
当時(2020年はじめ、コロナ流行直前)はDIエージェントくらいでした。
障害者雇用の在宅勤務をまともに取り扱っている紹介会社は。
このDIエージェントは障害者雇用の在宅勤務の老舗みたいです。

*DIエージェント→障害者への求人紹介している部署。

株式会社D&Iの1部分。

DIエージェントで内定を得るまでの流れ

選考期間:約1か月

流れ↓

①書類選考(履歴書・職務経歴書)
②1次面接(約30分)
③2次面接(約1時間)*その場で内定が決まる

面接は1次、2次ともWeb面接。
面接官2名とDIエージェントの方1名も同席。

iPadを使って面接に臨みました。
初めてのWeb面接、上半身だけスーツを着て臨みました(笑)。

そして2次面接中に口頭で内定が伝えられました。

当時会社は障害者の在宅勤務の導入が初めてらしく。
出社組ではすでに発達障害の人が数名働いているとのこと。

発達障害者の雇用実績がある会社なのは、
私の中で非常にポイントが高かった。
なぜなら、前職で失敗したからです。
前職は障害者雇用自体が初めてでノウハウもなく、部署で障害者は私1人。
非常に働きにくかったんです。
なので次は発達障害者の雇用実績のある会社で働きたい!
と強く思っていました。

また、今の上司にあたる面接官もとても優しく丁寧な対応で、
「この会社なら大丈夫そう」
と直感を持てました。
私の直感はけっこう当たるのです(笑)。

緊張しっぱなしの初Web面接。
そんなに話をした訳ではないのに喉はカラカラ、
柔らかい印象を意識して口角を上げ続けたら面接後しばらく顔面筋肉痛のような違和感が残りましたとさ。

質問されたこと

1次面接⇒障害者雇用の面接でよく聞かれるベタな質問
2次面接⇒入社前提の会社説明や入社の意思確認など説明中心。

質問事項↓
・簡単な自己紹介
・前職でどのような仕事をしてきたか
・前職を辞めた理由
・配慮してほしいこと
・通院頻度

在宅勤務ならではの質問として、
・自宅のインターネット環境
・仕事をする環境(部屋)について
→集中して取り組めそうか
・1~2か月に1回程度、本社に来れるか
→コロナにより入社1年になるけれど1度も出社なし

意外だったのは志望動機を聞かれなかったこと。
アルバイトスタートなので志望動機は重要ではないのかも?

アルバイトスタートから正社員化はあり得るか?

完全在宅勤務の正社員は社内にいるが障害者ではない。
出社組の障害者は何名か正社員がいる。
アルバイト→正社員になった障害者はいない。
私と同じように完全在宅から正社員を目指している障害者はいる。
会社は正社員化に前向きだが、正社員になるには【会社への貢献度】重視する。
会社の業績にもよる。

…このあたりが私がつかんでいる情報です。
会社として障害者雇用を始めてまだ2~3年なので、
5年ルールや正社員化の基準や方針がまだ明確ではない気がしています。

ただ上司から【正社員への道しるべ】的なアドバイスはいただいてるので、アドバイスを忠実に守り、無理のない範囲で実行していきたいと思います!

やるぞやるぞー

障害雇用枠の在宅雇用で働いた実体験【家事育児主婦業込み】

自宅から出勤したら(ログイン)

まず①~⑤をしてから仕事を始めてます

(たまに①~④のどこか抜ける)

①1日の目標を立てる業務量
②目標に対する時間の見積りをはかる作業時間設定
③1時間のうち稼働時間と休憩時間を決める実労働時間設定
④休憩時間にやることを書き出す掃除や片づけ、資格の勉強、その他
⑤1時間でどのくらいのパフォーマンスが出たかはかって記録工夫改善(⑤は勤務時間に実行する感じ)

なぜ①~⑤をやるか?

データ入力など単調な仕事が多く、モチベーションや集中力を保たせるためにやってます。

あと仕事をふり返ったり職務経歴書に落としこむときも必要になってくるので業務記録も簡単につけてます。

たまに上司から

「(仕事のペース)ゆっくりで大丈夫ですよ」
と声がかかるので、早くやりすぎないよう休憩を多めに取りながら進めてます。

好きな音楽を聞きながら、
ストレッチしながら、
煮つまったらフラッと散歩に出て、
人に見せられない格好や姿勢で(笑)超マイペースに仕事してます。

在宅勤務は運動不足や社内事情(部署や人のパワーバランスなど)をなかなか知れないデメリットはありますが、私にはメリットのほうがはるかに大きいです。

メリット:デメリット=9:1くらいに。

障害者雇用在宅勤務のメリット・デメリット

メリット

疲れの軽減

前職は片道1時間20分かけて都心へ電車通勤して、1日6時間働いてました。
その時の疲れを100とすると、
いまは40~50くらい。
(ちなみに1日6時間30分勤務)
前職より30分長く働いているのに、疲労感は半分以上減りました。

通勤がなく、職場の人間関係に消耗することがゼロになりました。

在宅勤務をしてみて、通勤時間の無駄を実感したというか、、、

疲れやすい自分にとって通勤は、貴重な体力・時間泥棒だと。

前職は障害者雇用にしてはけっこうハードで
複数の業務をこなしながら電話応対(外線多い)1日20~30件くらい取ってました。
けれど仕事内容以上に、通勤と社内の人間関係に消耗していたんだと(完全在宅勤務に)転職して改めて気づきましたよ。

また視覚過敏もあるので、
コントロール不可な刺激(人の動き、ごちゃごちゃした街並み、人の言動など)が、いやおうなしにワーっと入ってきて情報処理しきれず混乱と不安の大きな原因にもなっていました。

そんな刺激が在宅勤務になって激減。
大きな疲労の軽減につながりました。

私のような疲れやすくて人間関係の構築が苦手な人は、
発達障害とか関係なく在宅勤務が向いているかもしれません。

家事育児の両立

完全在宅で心身の負担が軽い分、
仕事が終わったあと家事育児する余力が残っている感じです。
午後5時に退勤(ログアウト)して、
お風呂掃除して、子どもに夕飯を食べさせてお風呂に入れ、
絵本を読み聞かせて寝かしつける。

今は実家で暮らしなので↑の家事や育児ですが、
結婚していたときは在宅勤務の合間に夕飯のおかず作りをしたり、掃除機かけたりの家事をしてました。
すきま時間に家のことをいろいろできるので大きなメリットを感じてます。

家事育児をする時間が確保しやすいです。
なんなら仕事の合間に部屋の掃除や片づけ、
料理の下ごしらえやおかずの一品なんかも作れちゃいます。
今後の人生についてじっくり考える時間も増えました。

子どもの急な発熱や体調不良に対応しやすいと思います。
(昼休みに娘を予防接種へ連れてったりしたな)
子どもとじっくり接する時間が確保しやすいのは、特に小さな子どもがいるご家庭はメリット大きいんじゃないでしょうか。

デメリット

運動不足

確実になります。

いま、運動を日常に組込み
ルーチン化(習慣化)すべく筋トレを実践中です。

出社してた時と同じ量を食べていたら、
みるみる5キロ増。
ダイエットもなかなか功を奏しません(代謝の問題か)。

一時期、体重増加に歯止めがかからず肥満外来に通うことも考えました(笑)。

外出予定もなく運動習慣がないと下手すると、1週間ずっと家の中だけで過ごすなんてこともあります。
私は基本家が好きなので、油断するとずーっと引きこもり状態に。
これだと筋力が落ちて、体力も代謝も落ちる悪循環です。

通勤のメリットと裏返しですが、
通勤で身体を動かすことがなくなった分を
どこかで効率的かつ確実に習慣化する必要があると思ってます。

社内事情がわかりにくい

これ、入社しばらくして気づいたんですが、
・社員の顔と名前
・社員同士のつながり
・キーパーソン(ボス的な人とか)
・部署同士の関係、パワーバランス
とかがほとんどわからないので、

・部署や他部署の仕事のイメージがしにくい&関心を持つきっかけがない
・社員とのつながりが希薄(顔と名前の不一致に拍車がかかる)
・部署やチームメンバーへ貢献できるような提案や業務改善などがしにくい
・ほかのメンバーの業務内容がわからない
・連絡や相談のタイミングが見えない(上司のざっくりスケジュールしかわからないため)

など、社内コミュニケーションの重要性に気づきました。

通勤してた時は人間関係が面倒で嫌

社員同士のいざこざとか人間関係ほんと面倒くさい!
と余計な刺激(情報)にウンザリしてたんですが、
大事な情報も中にはあったな、と今では思います。
職場へ行くって実はものすごくいろんな情報が得られるんだなと気づきました。

部長より勤続年数の長いAさんが事実上の部署のボス、とか
会社事情に精通しているのはBさん、とか
困ったときはCさんに聞けば何でも教えてくれるとか。

会社で長く働くためには、キャリアを築くには、
会社の動き、人の動きを知るのはとても大切だと。

物理的に1人で長時間黙々とPCに向かう毎日を過ごしていると、
社員さんたちとつながりようがなく、出社している人よりも昇給昇進やキャリア構築に不利なんじゃと不安に感じます。

あと、何かと社内事情に精通している(?)上司におんぶにだっこ状態なのがちょっと心苦しい。

とはいえ、在宅勤務のメリットが大きすぎてもう出社組には戻れません(笑)。

私のように超疲れやすく人間関係構築に難のある人は在宅勤務も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

障害者雇用在宅勤務で必要なスキル

会社に出社して働く従来の勤務スタイルではありません。

自宅で働くことに少しずつ慣れていく必要があります。

結果を出す

自宅でNetflixでも見ながら働くでも良いです。

しかし、与えられた業務を行い遂行しないとダメ。

少しずつでも計画と実行を重ねましょう。

コミュニケーション能力

Web上のアプリケーションを通じて意思疎通をする必要あるので、今まで以上に文章で意図を伝えられるようにしましょう。

ポイントは、長ったらしくて良いから必要な内容を伝えること。

伝えたい点を箇条書きしてから、文章にして相手に投げればokです。

体調管理

自宅で働き続けると体調管理ができない時が訪れます。

その時に適切に会社側に伝える義務と権利を忘れずに、何が何でも頑張ろうとしない適度な姿勢が大切です。

ネット速度は早いほど快適

ネット速度は遅いとそのまんま仕事の精度に直結します。

会社側からWiFi設備が経費(接分)で落とせるか確認しましょう。

Zoomにしてもネット遅いとカクカク動いて話になりませんから…

やる気が出ない

自宅で働くとプライベートと仕事が混ざって頭がとっ散らかります。

その時は理由をつけて散歩するなり、家事するなり気分を入れ替えましょ。

会社で働く分には周囲が働いてるから気分で行けますが、一人だとムリな人もいるのが現実です。

ワーママが障害者雇用枠で活躍するには在宅勤務

  • フレックスタイムで中抜け可能
  • 一定頻度でリモートワーク可能
  • 稼ぎたいならフルリモート勤務可能

エージェント選びが上手だと探せます。

家事・育児もしながら仕事をするには、障害者雇用枠も在宅勤務可能な求人を選んだ方が生きやすい暮らし、生活の選択ができます。

シングルマザーで働き続けていく人生も令和では当たり前の時代。

障害者雇用枠での在宅勤務を一度真剣に考えるのは良い未来に繋がる道です。

【失敗談】フルタイム勤務契約社員になれるか徹底確認大事!

来月(2021年7月)からフルタイムで働くことになりました!

社会人になって20年弱

発達障害の診断されて10年

 

8時間フルタイム労働は人生初です

フルリモートだからなせるワザ…

 

で、、、

以前上長から【正社員への道しるべ】的な

具体的なステップアップ方法の説明を文章で受けてました。

その内容から、フルタイム勤務だと

自動的に契約社員になれるものと勘違いていました…

 

上長から
「説明不足ですみません。」
と謝られましたが、、、

 

これは私がしっかり確認しなかったミスでもあります。

確認は大事。
自分の未来に関わる大事なことは特に。

 

在宅勤務だと基本文字だけのやりとりなので齟齬が生じやすい。
なので、説明を受けた時は
「〇〇と理解しました」
などと自分が理解した内容を相手に伝えたほうが齟齬が生じにくいと痛感した出来事でした。

 

そして、【フルタイム時給制アルバイト】で様子見なのは、ざっくりどのくらいの期間なのか(3~4か月なのか半年なのか1年くらいなのか)週明け上長に確認してみよう。

 

最後に失敗談。

ここまで読んでくれたみなさん。
私のような失敗はなさらないように…!

来月からもマイペースにやっていきます!

引き続き、進捗あったらお伝えしたいです🌺

コメント

タイトルとURLをコピーしました